びわの葉温熱療法初級講座


クリスマスの今日は、びわの葉温熱療法初級講座を開催。


今日は講座だったので、いつもならおススメのランチに出かけてから講座をするのですが(びわの葉温熱療法の講座はランチサービス付きです♪)

出張講座開催でしたので、お隣の市で有名な萌黄さんにてパンを購入。


萌黄さんの食べログ⇒こちら


無添加でよい素材で丁寧に作られているパンは、夕方までに売り切れて閉店してしまっていることも何度かあったくらい人気のお店です。(写真撮らずにがっつきました。)


お食事してから、講座の開始♪



ビワの葉温熱療法初級講座

びわの葉温熱療法初級講座

ご家族やペットに安心して温灸器を使用してもらうための、講座です。また、ガンや慢性病と向き合っておられる方や、病気のご家族のケアをされる方が、家庭でもセルフケアを続けられるようにもご指導させて頂いています。



内容は温灸器の使い方や、びわの歴史、びわの効能、簡単な経絡やツボについてです。


びわの良いところを知ることで、びわやビワ温灸の事好きになって、好きな気持ちをもって温灸器を扱ったり施術をしたりしてもらえるようになればいいなと思っています。



びわの葉温熱療法の講座で伝える一番大切なことは、


私たちが病気や症状を治していると思わない事


です。



私たちの体には自己治癒力が備わっています。びわの葉温熱療法や、その他の施術で、クライアントさんのお体の免疫や治癒力をUPしていくお手伝いをさせて頂いています。


体を良くするのは、クライアントさんの治癒力によるものです。


そこを履き違えると、自分が治した。自分が良くした。と思い始めます。


その方がもつ力よりも、自分の力を過信し始めると、エネルギーが変わってきてしまいます。そのことには、注意を払う必要があると感じています。


この方の症状が良くなりますようにと願う気持ちはだれにでもあると思いますが、その思いが強すぎると見えないプレッシャーをかけかねません。


施術者はできるだけフラットに、愛のエネルギーは大きく、具体的な思いは控えめに接する方が良いと考えています。


こうした方がいい。これを食べちゃダメ。そういうことにもデリケートに対応するように心がけています。


これは、自分の体に病巣があるときも同じで、深刻な病気であれば、難しいかもしれないけれど、できるだけ治す、戦う、という感じで向き合わない方が良いかなーとは感じています。



あくまでも個人の考