御所杖術クラブ 第1・3水曜日 18:30~

初心者の方も大歓迎。杖術については⇒こちら

お問い合わせは⇒こちら

© 2017 by kamebiwan. Proudly created with Wix.com

びわらぼ.png

冬土用


いよいよ寒くなってきて、猫’sカイロに温めてほしいのに、そんな都合よくはあたためてもらえなくて残念なかめびわんwithびわらぼのクミです。


さて、1月17日は「冬土用」の初日です。


今日は土用についてです。


  1. 土用とは

  2. 冬土用

  3. 土用の過ごし方

1.土用とは

土用(どよう)とは、五行に由来する暦の雑節である。1年のうち不連続な4つの期間で、四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間ずつである。


俗には、夏の土用(立秋直前)を指すことが多く、夏の土用の丑の日には鰻を食べる習慣がある。


各土用の最初の日を土用の入り(どようのいり)と呼ぶ。最後の日は節分である。

Wikipediaより



基本的に土用の期間は、土いじりや、植物の植え替え、農作業、建築の基礎工事などの

「土を動かす行為」は慎むべきといわれているそうです。


そんな土用の時期に、農作業や土木工事ができないのは大変なので、作業しても大丈夫な日として間日というのが決まっています。


冬土用の間日:寅・卯・巳の日

 ※2019年は1月17日・18日・20日・29日・30日、2月1日


この期間は大丈夫だそうです。




2.冬土用

冬土用は1月17日~2月3日までを指します。

冬土用はインフルエンザや風邪に注意といわれているようです。

暖かい食べ物を取って体をうちから温めるのがいいですね♪




3.土用の過ごし方

土用の期間は、季節の変わり目ということもあって、体をいたわって過ごす時期といわれています。

あまり活動的に動くよりは、ゆったりと過ごした方がいいともいわれています。


土用の期間は、うまく行かないことがあったとしても、ああ。土用だから。という感じで過ごすのが良いかもしれません。


イライラしてしまうこともあるかもしれませんが、そういう時も、土用だから・・・で。


腸をいたわるために、少食にしたり、私のようにファスティングして過ごすにもいい時期です。


また、体調に変化が起こりやすい時期なので、こういう時こそ、


びわの葉温熱療法でしょ。


という宣伝でしたー♪


嫌でもほんとに、体調に変化が起こりやすい時のびわの葉温熱療法はおすすめ。

また、冷えを改善する温活アイテムのびわの葉温熱は、末端冷え性の男性や、万年冷え性の女性にもおすすめのアイテムです。


興味を持っていただければ嬉しいです。



そんなビワの葉温熱療法。1月21日の18時から、平野区の入船温泉に出張します。

是非、あったかいお風呂と、びわの葉温熱療法で、冬土用をほっこり過ごしてみてください。


冬土用はびわ温熱がいいんじゃにゃい?

かめびわんメニューはこちら⇒びわの葉温熱療法

             ⇒ケイシー療法

             ⇒美構造®

             ⇒アカシックリーディング

             ⇒開運手相リーディング


LINE@のご登録はこちら

(LINEの友達追加ページから@ と検索して頂いてもOKです。)

*LINE@は個人を特定されませんので、お気軽にご登録ください。

 ご予約やご質問など1:1のトークでやり取りできるので便利です。



レターポットもやってます。

感想やご意見ご質問などこちらからいただくと嬉しいです。

https://letterpot.otogimachi.jp/users/9711