やすらぎの刻~道~

満を持して、めっちゃ楽しみにしていたブラタモリの「島原・天草」の録画。

何故だか10分しか取れてなくて、悲しみが深いくみさんです。




そして、とうとう終わってしまった『やすらぎの刻』


以前放送されていた『やすらぎの郷』からのファン。



これは、テレビ朝日系列で、2017年に4月から9月まで放送されていた、ドラマ。


倉本聰さんの脚本で、主題歌は中島みゆきさん。


キャストも、かなり豪華で、今は亡き、野際陽子さんも出ておられました。



普段見ているテレビドラマと比較すると、放送時間は短いものの、放送期間も長く、毎日放送があるので、かなり見ごたえがあり、今のやすらぎの刻もすごく楽しみにしていたんです。


終わってしまった・・・・Ω\ζ°)チーン



前回の郷の方もめちゃくちゃ良かったんですが、今回の刻の方は、主役である石坂浩二さんが演じる菊村栄さんという脚本家が、「原風景」への想いをベースに書き始めたシナリオと、シンクロしながら、そのシナリオと、現在とを描いているドラマでした。



戦争が始まる前の暮らしや、戦争が始まってから起こる様々なこと、戦争が終わり、時代が進むにつれ、変化していく人々の暮らしや、ものの考え方、色んな事件や、自然災害も含めて描かれていて、考えさせられることがたくさんあるドラマでした。 こういう、ノンフィクションな感じのドラマ大好きなんです。 このドラマの中で、現在に進んでいくにつれて、核家族化していき、ふるさとというものがなくなっていく情景は、現代人としてはなかなか身につまされるものがありました。



私は両親も両祖父母も早くになくしているので、核家族化はやむを得なかったとはいえ、親戚の付き合いもそれほど深くないし、小学校を上がったときに引っ越しをしているので、昔からの友人というものもおらず、昔の地域や家族のつながりが深い様子を見ながら、うらやましく感じたりもしました。



こんな淡々とした日常を、こんなに素晴らしい脚本に出来る方も、もうそんなにはおられないんじゃないだろうか。とかも素人ながら思ったりもして・・・・



最近今更ながらの韓流ドラマにはまっている私が、何故韓流ドラマにはまっているかというと、、、、


日本のドラマから感じる、やっつけ感のようなものに、うんざりしていた。


ということもすごく大きいんです。


誰に向けて作られているドラマなん?って思ってしまう感じに思ってしまうことがたまにあって・・・




でも、このやすらぎの刻は、わからないけど、しっかりと時間をかけて、このドラマを作るために、構成されているような気がして、視聴率だけを考えたものの感じがなくて、そういったところが、よかったなぁと感じている部分かな。と思っています。



韓流ドラマも、私がわかってないだけで、日本みたいに、やっつけ感や視聴率や、スポンサーとのなになにとかはあるのかもわからないけど、

日本のよりは放映回数が長い分、見ごたえがあるなぁって感じています。



この先、見ごたえがあるドラマが生まれてくることを期待しています♪



まぁ、何様目線やねんって話なんですけどね・・・



不要不急の外出を控えているこの時期、韓流ドラマ三昧させて頂きます♪

(そうでなくても見るくせに。)




今日のにゃんこ

団らんのご様子。



講座や、施術のお問い合わせ、ご相談はLINE@より。 公式LINEのご登録はこちら

(LINEの友達追加ページから @nnz1320k と検索して頂いてもOKです。)

*LINE@は個人を特定されませんので、お気軽にご登録ください。 ご予約やご質問など1:1のトークでやり取りできるので便利です。

Facebookページはこちら https://www.facebook.com/kamebiwan/

メールでのご連絡はこちらkamebiwan@gmail.comまでお願いします。 ◆かめびわんで取り扱っている、水素・化粧品のサイトはこちらから

かめびわんメニューはこちら

⇒びわの葉温熱療法

⇒よもぎハーブ蒸し

⇒ケイシー療法⇒美構造®

⇒アカシックリーディング

⇒開運手相リーディング レターポットもやってます。感想やご意見ご質問などこちらからいただくと嬉しいです。https://letterpot.otogimachi.jp/users/9711

#よもぎ蒸し #かめびわん #びわの葉温熱療法 #体質改善 #温活 #自然療法 #ケイシー療法 #ガンのお手当 #御所市 #五條市 #今日のにゃんこ #PMS #更年期 #美構造 #非分解プラセンタ

© 2017 by kamebiwan. Proudly created with Wix.com

御所杖術クラブ 第1・3水曜日 18:30~

初心者の方も大歓迎。杖術については⇒こちら

お問い合わせは⇒こちら

びわらぼ.png